アグリ・バイオ部

サイトマップアクセスマップHOME
揖斐川工業株式会社

セル成型苗

セル成型苗メニュー

花苗
野菜苗 自根/接木

セル成型苗とは

セル成型苗の生産風景
セル成型苗の生産風景

セル成型苗とは蜂の巣状に区分けされたプラスチックトレイで20~90日間栽培された幼苗です。

当社では、最先端の生産設備を導入し、高品質な苗を安定的に生産することで、生産者のみなさまが今まで多大な労力をかけられていた幼苗作りを請け負っています。


セル成型苗の特長とメリット

  • 徒長やバラツキがなく、そろいの良い苗である。
  • 移植後の活着がよく、移植直後から順調かつ均一な生育が期待できる。
  • 根が培養土を包み込むように伸長するため、移植時の断根など、植え傷みがない。
  • 経験が少なくても移植が容易で、作業時間が大幅に短縮できる。
  • 定植からの管理に集中でき、種子が小さくて扱い辛い植物も生産品目に加えられる。
  • 出芽から幼苗までの管理から解放される。
  • 仕上げ時間の短縮や、育苗スペースが不要になるなど経営に役立つ。

当社では、このように様々な面で優位性のあるセル成型苗70作目以上生産しています。


野菜接木苗

野菜の接木苗とは、根側(台木)に耐病性の強い品種を、実が成る側(穂木)に味の良い品種の苗の切断面を接合した苗を言います。

当社では茎を斜めに切って接合しています。納期や苗サイズの他に、接木の部位もお客様の希望に応じて生産しています。


特徴とメリット

この芽は摘む
  1. 病気に強く、農薬の散布回数を減らすことができる。
  2. 生育旺盛で株が長持ちするため、大量生産できる。
  3. 連作にも耐えるため、狭い場所での生産も可能。

<注意点>
接木部分より下に出た芽はすべて取り除く必要があります。
台木の部分が育つと植えたものと違うものができることがあります。


商品作目のご紹介は→こちら

栄養系品種

当社では播種による育苗だけでなく、栄養系品種の育苗も行っており、付加価値の高い品種を提案させていただいております。


生産作目例

  • ポインセチア
  • ペラルゴニウム
  • ニューギニアインパチェンス

山上げ苗

酷暑を避けるための地理的な手段として、高冷地で育苗するという手法があります。この手法で栽培された苗を当社では山上げ苗と呼んでいます。この山上げ苗を飛騨で生産しております。飛騨の高冷地という気候条件をうまく利用し、下記の作目などについて高品質な苗生産、周年供給に貢献しています。


商品作目例

  • プリムラ類
  • サイネリア

セル成型苗生産のプロフェッショナルとして...

セル成型苗の生産温室
セル成型苗の生産温室

これらの苗を全11棟の温室、敷地面積にして約2,500坪の大規模施設にて生産しております。自社設計の最先端制御システムを導入し、灌水や日射制御などをコントロールしております。

さらに最終製品のチェックのみはスタッフの目で行うことで均一な製品を作り上げ、品質の安定・向上に努めております。また、製品は全国への発送が可能です。生産品目も上記の例にとらわれることなく、様々な植物に対応できるよう技術の蓄積にも尽力しております。上記以外の作目についてはぜひお問い合わせ下さい。
アグリ・バイオ部お問い合わせ